キッチンの床タイルをリフォーム!自分でできるDIY!費用は?

 

こんにちは。いずみです!

 

ついつい手元が滑って、フローリングに物を落としてしまう。

 

手が水で濡れていることの多いキッチンでは、時々起きてしまうハプニングですよね。

 

物をどかしてみたら・・・フローリングにができていた!なんてことありませんか?

 

フローリングの傷は修繕が難しいですし、傷がどんどん増えてくると、張り替えたい気持ちが強くなってきますよね。

 

キッチンのフローリングに傷がつくのが嫌な人には、実はタイル床がおすすめです!

キッチンの床をタイルにしているお宅はあまり見かけませんが、タイルはキッチンに最適で、自分で張り替えるのも夢ではありません!

 

ということで今回はキッチンの床をタイル床へのリフォーム(DIY)をご紹介します。

 

キッチンで床タイルってどうなの?メリットは?

 

まずはキッチンの床をタイルにすることがどうしておすすめだと思いますか?

 

それは。防水性耐久性で優秀な床タイルは玄関や風呂場以外にもキッチンでも適している床材だからです。

 

他にも床タイルは汚れ防止にも強く、汚してしまった時でも掃除なども比較的簡単に行うことができます!

 

最近では床タイルの種類も増えてきていますのでおしゃれな空間にアレンジすることができますね!

 

しかし、そんな床タイルですがデメリットもあります。

 

床タイルは冬場になるととても冷たいです!

 

キッチンで使用する場合は、よく作業する場所にはマットやスリッパを使うなどがおすすめですよ!

 

キッチンの床タイルリフォームを始めよう!自分でできるDIY!

 

キッチンの床にタイルを敷くなんて、範囲が大きいので本当にDIYできるのかどうか不安になりますよね。

 

基本的な内容はほかの床リフォームと一緒!

キッチンで床タイルのリフォームだからといって特に大きく違いがあるわけではありません。

 

基本的な床のリフォームと変わらず、ざっくり言うとこの2つの作業で完了します。

 

  1. 状況によって今現在のフロアタイルなどをはがす(現状のフロアのままで貼ることも可能)
  2. 新しく床タイルを貼っていく

 

かなり省略している説明ですが、床タイルの貼り方は次の動画が参考になりますよ。

 

引用:You Tube

 

引用:You Tube

 

引用:You Tube

 

動画を見てみて、どうしてもDIYに不安があるなら、リフォーム業者に依頼するのも一つの手段です。

施工費用はかかってしまいますが、プロならではの仕上がりと安心が得られます。

 

リフォーム業者を選ぶ時には、必ず相見積もりをとって、自分に合った業者を選ぶようにしてくださいね。

 

キッチンで床タイルを張るときの注意点

キッチンの床は、他の部分の床と比べて家具や設備等の関係で様々な形をしているケースが多いです!

 

その床の形に合わせて床タイルを張っていかないといけませんので、寸法など確認は念入りに行いましょう!

 

床タイルでもカットできるタイプなどもありますので、そちらを選ぶと作業しやすいですよ。

 

キッチンの壁タイルのDIYについてはこちらで詳しくご紹介しています。

キッチンのリフォーム!タイル貼りDIYは意外と簡単!?【上級編】

2020年7月5日

 

キッチンの床タイルリフォームの費用は?

 

DIYでキッチンの床をタイルにするリフォームを行う場合、必要になる費用は次のようなものです。

 

  • タイル
  • タイルを施工する際の接着剤や目地材
  • 施工時に周辺を保護する養生材

 

養生材はホームセンターなどで簡単に手に入る養生テープやシートを使用することで簡単に行えますよ。

養生テープだけを用意して、ごみ袋や新聞紙などで周りを保護することも可能です。

 

DIYでキッチンの床をタイルにするリフォームの費用で大きな割合を占めるのは、やはりタイルです。

デザインや価格について詳しく見てみましょう。

 

床タイルにもいろいろ!好みの床タイルはどれ?

実際キッチンで使える床タイルの価格はどのくらいするのでしょうか?

床タイルにもさまざまな種類があり、大理石タイプなどはとても高い品もあり、価格はピンキリといっても過言ではないです。

 

タイルは「キッチン専用」といった、使用箇所が限定されたものはほとんどありません。

極端な例ですが、玄関に使われているようなタイルでも、もちろんキッチンに使用しても構いません。

でも、タイル販売会社のサイトによっては、室内で使用が可能か書いてあるものもあるのでチェックするのもいいですね!

 

いずみ
私が調べた床タイルを少しだけピックアップして紹介してみます!

 

まずは床タイルを選ぶ際のおすすめサイトを紹介します!

 

引用:sanwacompany online store

 

こちらのサイトでは、多くの建築素材を取り扱っているため、タイル以外にもほかのリフォームの際に必要な商品も購入が可能です!

 

シンプルが一番!ベーシックな床タイル!

●パヴェワイルド301 アントラチーテ  3,980円/m²(税込)

引用:sanwacompany online store

 

●ベランダ スチール 3,980円/m²(税込)

引用:sanwacompany online store

 

オーソドックスではありますが、シンプルな床タイルがおしゃれに見えますね!

 

浴室使用にも適している床タイルなので防水面や丈夫さ面では非常に優秀だと思います!

 

柄物でおしゃれに!アンティークタイプ!

●レノス 4,980円/m²

引用:sanwacompany online store

 

●ファエンツァ 3,980円/m²

引用:sanwacompany online store

 

柄物は使うだけでおしゃれ感が出せます!

ただし使いすぎると統一性がなくなってしまいますので、選ぶ時には慎重に選んでくださいね!

 

高級タイル床といえば大理石タイプの床タイル!

●マルモケア 9,660円/m²

引用:sanwacompany online store

 

高級ホテルのような雰囲気が出ますね!

でもその分費用は高めになっています。

 

その他の自分でDIYした時の費用

他にも必要な材料といえば接着剤ですね

 

こちらでは、木材用、石材用と別様で売られていることが多いので注意してください!

 

タイルメント インテリアフレックス 2kg 2,300円/本(税込)

引用:Amazon

 

使用範囲

●3mmクシ目:1.0~1.2kg/m2、0.8~1.0m2/kg、1.6~2.0m2/2kg  ●5mmクシ目:2.0~2.5kg/m2、0.4~0.5m2/kg、0.8~1.0m2/2kg

 

いずみ
キッチンは一般的に4.5帖程度の広さです。ちなみに我が家のキッチンの床の広さは4㎡程度でしたよ。

 

キッチンの広さにもよりますが、我が家を例に4m²で考えた場合、

 

3,980円/m²×4(パヴェワイルド301 アントラチーテ)+2,300円/2kg×2(タイルメント インテリアフレックス)=合計 20,520円

 

になります。

あくまでこちらは参考程度でとらえておいてくださいね。

 

「キッチンの床タイルをリフォーム!自分でできるDIY!費用は?」まとめ

 

今回はキッチンの床タイルをDIYでリフォームする費用についてご紹介しました。

 

タイルは防水性、耐久性に優れていて、汚れも簡単に拭き取れるのでキッチンの床には適した材料です。

最近はデザイン性に優れたタイルもたくさんあり、お気に入りのタイルを床に敷くことで、自分好みのキッチンにできますよ。

 

必要な材料
  • タイル
  • タイルを施工する際の接着剤や目地材
  • 施工時に周辺を保護する養生材

 

費用は4㎡程度の施工で2万円前後が目安です。

 

費用は断然DIYの方が安価に済みますが、面積が広い分施工も大変になります。

小さなものから練習して、タイルを扱うのに慣れた頃にチャレンジすると満足のいく仕上がりになるでしょう。

 

でも、やっぱりDIYは難しいと感じられるなら、しっかり相見積もりを取った上で業者におまかせしてしまいましょう!

 

読者のみなさんが、快適で自分好みのキッチンで楽しく家事ができるといいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です