リフォームするならこれしかない!キッチンは人気の〇〇で!

 

こんにちは。いずみです!

 

システムキッチンへのリフォームは、特に女性ならワクワクしますよね。

人造大理石のワークトップや引出し式の収納は、今やシステムキッチンの代名詞的な機能です。

 

でも、システムキッチンのメーカーは大小20社以上あると言われています!

こんなにたくさんの中から選ぶのは時間がかかるし、何がいいのか分からなくなっちゃいますよね。

 

今回はその中でも特に人気の高いシステムキッチンを3つご紹介します。

口コミで人気の機能もあわせてご紹介したいと思います。

 

これを読めば、人気のシステムキッチンの機能を全て押さえることができますよ。

ぜひ、リフォームの参考にしてみてくださいね。

 

キッチンのリフォームは〇〇を意識してみる

 

キッチンのリフォームといっても、最近のシステムキッチンは至れり尽くせりで便利な機能がたくさんついています。

メーカーもたくさんあって目移りしますよね。

選び方も、とりあえずショールームをはしごする方もいれば、WEBカタログでじっくり確認してから動く方と様々ですよね。

 

でも、ちょっと待ってください!

その選び方、自分たちの生活スタイルを忘れていませんか

便利な機能がついていても、実際には使わないこともあるんですよ。

 

例えば、水栓と食洗器が良い例です。

水栓は、浄水器が搭載されたオールインワンタイプのものがありますが、最近は飲用水を別途購入する家庭が多いですよね。

もし、読者のみなさんのご家庭もそうであれば無理にオールインワンタイプにする必要はないと思います。

その代わり、最近はハンズフリー水栓にするご家庭が増えているんですよ。

汚れた手でレバーを触らなくて済みますし、手の力が弱い方にも使いやすいんです。

ハンズフリー水栓にするだけで約20%も節水できるんですよ。

 

また、ビルトインタイプの食洗器をはじめて購入した場合、意外にも使わない方が多いです。

食洗器は水を多く使ってしまうことや、今までの慣れで手洗いしてしまうなど節水や生活スタイルが影響しています。

なので、はじめから食洗器の部分は収納に変更する方も多いんですよ。

今まで食洗器を使っていた方には便利だと思いますが、そうでなければ置き型を検討してみてもいいかもしれません。

 

いずみ
さあ、次はいよいよ人気のシステムキッチンを紹介していきますよ~♪

 

生活スタイルに合わせた理想のキッチンについてもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ

 

理想のキッチンは生活スタイルによってこんなにも違います!

2020年7月25日

 

LIXIL(リクシル)『シエラ』

引用:LIXIL

 

住宅設備・機器メーカーが統合されたLIXIL(リクシル)は、水回りのメーカーとして外せない存在です。

そんなリクシルのキッチンでロングセラーの「シエラ」は、低価格のシリーズですが4つのプランが用意されていてアレンジも可能なんですよ。

居心地の良い空間を目指して作られたキッチンは、インテリアにもマッチします!

 

人気の機能・デザイン

スキットシンク

引用:LIXIL

 

「お手入れしやすさ」と「片付けやすさ」の両方を叶えてくれるシンクです。

シンクの奥に段差をつけることで、排水溝にスムーズに水が流れ、お皿の汚れを落とす時もシンク全体に広がらないようにできます。

また、底面に異なる高さの凸凹をランダムに作ることで、調理器具や食器が触れる面積を小さくしてキズがつきにくくなっているんですよ。

さらに、特殊な樹脂でコーティングされているので汚れも付きにくいんです。

有料ですが、劣化や剥がれは再加工のサービスがあります。

 

アシストポケット&シェルフ

引用:LIXIL

 

使用頻度や作業エリアに合わせた収納ができるように、あらかじめ仕切りや棚が付けられているんです!

きちんと整理整頓できるようになっている引き出しってなかなかないんですよね。

引き出し式は扉式よりも容量は大きくなりますが、有効活用するには難易度が高いのでこの機能はとてもありがたいですね。

 

よごれんフード

引用:LIXIL

 

煙の中の油だけをトレーに集める構造になっているので、ファンやフード内に汚れがつきにくくなっています。

普段は吸い込み面をサッと拭くだけでOK!

ファンに付いた油汚れって取りにくいんですよね。

洗剤を入れたぬるま湯に浸けたりしてましたが、これなら軽く掃除するだけで大丈夫ですね。

 

おすすめポイント

ベースになるプランを選んだら、後は各パーツをカスタマイズするだけなので選びやすさは抜群です!

とにかく収納の評判が良く、キッチンペーパーや洗剤などのストックもすっきり片付くと人気なんですよ。

キッチン全体が片付いていると気持ちいいですよね。

シンプルで飽きのこないキッチンを求めている方に最適です。

 

Panasonic(パナソニック)『リビングステーション V-style』

引用:Panasonic

 

「お料理もお掃除もテキパキはかどるシンプルキッチン」がコンセプトのリビングステーションは、老若男女問わないシンプルでムダのない外観が特徴。

4つあるシリーズの中で最もリーズナブルですが、家電メーカーならではの視点で作られたキッチンなんです。

「料理のしやすさ」を追求した機能が充実していて、調理から片付け、お手入れまで手早くラクにできるように工夫されているんですよ。

 

人気の機能・デザイン

スキマレスシンク

引用:Panasonic

 

ワークトップとシンクの間を樹脂で埋めることでスキマをなくし、掃除がラクになります。(①)

シンクは排水溝まで一体成型(②)なのでこちらも汚れが溜まるのを防いでくれますよ。

 

トリプルワイドIH

引用:Panasonic

 

見た目でも特徴的なのは、なんといってもコンロが3口横並びになったこの姿!

同時調理がしやすいので、時短・効率化できます。

横長になっているので、手前に家族分の食器を置いて取り分けられるところも良いですね。

 

ほっとクリーンフード

引用:Panasonic

 

とにかく掃除回数が格段に減ります。

なんと、10年間掃除しなくても1年分の汚れしか付かない設計(従来品と比較)になっているんです!

レンジフードの掃除って、いろんな部品を外したりするのがメンドクサくて1年に1回しか掃除しないご家庭も多いのではないでしょうか。

このほっとクリーンフードは、汚れをトレーに集める仕組みになっていて掃除は1年に1回トレーを洗うだけなんです。

今までの煩わしさから解放される素晴らしい機能ですよね。

 

おすすめポイント

なんと、吊戸棚は耐震ロック構造になっていて、揺れを感じると扉がロックされて中身が飛び出さないようになっています。

ただし、扉カラーは選べる数が少なく質感がイマイチという口コミがありました

扉カラーのみグレードアップすることも可能なので、ショールームで確認してみた方が良いでしょう。

低価格でシンプルで良いものを持ちたいという方にピッタリなキッチンですよ。

 

クリナップ『ラクエラ』

引用:クリナップ

 

クリナップは日本で初めてシステムキッチンを開発したメーカーなんです。

クリナップといえばステンレス」と言われるほどステンレス製のキッチンが特徴なんですよ。

今回ご紹介するラクエラは、インテリアの一部として楽しむキッチンを目指しています。

家具のようにキッチンを選ぶって新しい発想ですよね。

実際に、扉・取っ手・機器に至るまで家具調にこだわって作られています。

 

人気の機能・デザイン

扉カラーが豊富

引用:ZERONE

 

シリーズの中では低価格ですが、扉カラーがなんと31種類の中から選べるんです!

しかも、ウッド系やビビッドカラーなどバリエーションが豊富で、うち木目調は16パターンもあります。

さらに、扉カラーにはめずらしい「Rusty(ラスティ)」という金属や石が風化した様をイメージしたパターンが3つあります。

 

ワークトップに「コーリアン」を採用

引用:コヅカ美掃

 

コーリアンは人造大理石のブランドの1つで、1965年にデュポン社(アメリカ)で開発されました。

色・柄・質感のバリエーションが豊富で、耐久性・施工性が高いのが特徴です。

質感まで表現されている人造大理石って意外とないんですよね。

細部までこだわりたい方にはとってもオススメです。

 

美・サイレントシンク

引用:株式会社小林新建

 

ラクエラではオプションになりますが、ステンレスなのに静かでキズがつきにくい構造になっているんです。

表面に特殊なコーティング&細かい凸凹をつけることで、キズと水アカを防ぎます。

さらに、独自の制振構造をもたせることで水音を40dBまで抑えています。

40dBは図書館並みの音量なので、かなり静かですね。

 

いずみ
これなら会話が途切れなくていいわ~♪

 

おすすめポイント

ラクエラは低価格のグレードですが、とにかく選べるカラー&デザインがたくさんあります

他社にはないスタイリッシュなデザインを作ることができますよ。

価格が安くてオシャレなキッチンを探しているならラクエラがぴったりです。

また、クリナップだけあって引き出しの内側や底板までステンレス製なのも良いですね。

 

リフォームするならキッチンは人気の〇〇で!のまとめ

 

意外にも、売れ筋のシステムキッチンは全て低価格帯なんです

と言っても、そのまま購入するのではなく部分的にグレードアップする方が圧倒的に多いんですよ。

老若男女問わずこの傾向があります。

理由はいくつかありますが、特に多いのは「使い慣れたキッチンの形を維持したい」という意見でした。

低価格のグレードは、ほとんどがオーソドックスなキッチンになっているので「見慣れている」という点でも受け入れやすいのかもしれませんね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です