マンションをリフォーム!キッチンを移動させたい場合の費用は?

 

こんにちは。いずみです!

 

1日の中でキッチンで過ごす時間は結構長いですよね。

 

食材を用意し、調理して洗い物まで含めるとかなりの時間になります。

 

多くの時間を過ごすからこそ使い勝手や動線が気になってくるのではないでしょうか。

 

マンションを購入する際に立地や日当たりなど考慮する項目はたくさんありますが、キッチンまで考慮できないことがほとんどではないでしょうか。

 

実際に住み始めたら「もっとこうだったらいいのに…」となるケースはよくあることです。

 

思い切ってリフォームに踏み切りたいけどキッチンを移動させるとなると気になるのは費用ですよね。

 

今回はキッチンの種類移動のリフォームにかかる費用を見ていきましょう。

 

マンションをリフォーム!キッチンの種類

 

最近はおしゃれなキッチンが多くて素敵ですよね。

もちろん、デザインがおしゃれなだけでなく、機能性もアップしています。

 

マンションのリフォームを考えるときまず水回りを考える方は多いのではないでしょうか。

 

その中でもキッチンは進化が目覚ましく家事の効率や時間の短縮に大きく役立ちます。

 

また「動線」を意識してキッチンを配置するとストレスを減らすことが出来ます。

 

例えばコンロ・洗い場・冷蔵庫が一直線に配置されている場合、料理の際に材料を取ったり炒め物をしたり…

 

左右にうろうろすると時間を無駄にしてしまうのでその場合はストッカーや冷蔵庫を背面になるようにキッチンを配置するとスムーズです。

 

マンションの広さなどの条件によって設置できない場合もありますが動線を意識してキッチンを選んでみるといいでしょう。

 

キッチンは大きく分けて壁付きと対面に別れます。

 

対面の中にも様々な種類がありますのでひとつひとつ見ていきましょう。

 

壁付きキッチン

引用:Panasonic

 

壁付きキッチンとは、その名の通り正面が壁に付いているキッチンです。

 

リビング・ダイニングの端の壁に設置されている場合や、年数の経ったマンションではキッチンがひとつの部屋のようになっているタイプのものもあります。

 

メリットはなんといっても空間を広く使えることです。

 

振り向いたすぐ後ろにダイニングテーブルを置けば料理をすぐに出すことができ動線にも無駄がありません。

 

壁に向かって料理をすることになるので集中して作業が出来るのも利点です。

 

人によっては家族と会話しながら料理をしたい人もいるので自分のスタイルによって決めると良いでしょう。

 

アイランドキッチン

引用:Panasonic

 

アイランドキッチンとは対面キッチンのうちのひとつで、調理スペースと洗い場が島=アイランドのように独立した作りになったキッチンです。

 

壁や仕切りなどがありませんので開放感がある作りになっており閉鎖的なスペースで作業するのは苦手な方にはぴったりです。

 

また複数人で作業するのに十分なスペースがありますので、夫婦揃ってや友人たちと集まって料理出来るのも魅力ですね。

 

設置するのに広いスペースが必要なので間取りによっては導入できない場合もあるので注意しましょう。

 

無理に設置してしまうとリビング部分が狭くバランスの悪いLDKになってしまいます。

 

ペニンシュラキッチン

引用:Panasonic

 

ペニンシュラとは=半島という意味で、アイランドキッチンが完全に独立しているのに対し片側のみ壁に付いたキッチンです。

 

リビングにいる家族とコミュニケーションが取りやすいという対面キッチンの利点はそのままにアイランドキッチンの弱点であるスペースの確保も用意です。

 

自由度も高くキッチンの前にカウンターを設置しカウンターテーブルのように使う事も出来ます。

 

また対面キッチン全体に言えることですが、目の前に壁がないため汚れが飛び散ったり匂いが部屋全体に充満してしまうデメリットもあります。

開放感を損なわないようガラスの仕切りを設置すると掃除も楽でしょう。

 

L型キッチン

引用:Panasonic

 

L型キッチンとはキッチンのレイアウトが上から見たとき三角形になるキッチンです。

 

角に向かって左右にコンロと洗い場があるのが一般的で作業するのに三角のコーナー部分に全てを集約しているため動線がスムーズです。

 

開放感もありますが配置によってはリビングから見えにくくする事も可能なので、見せる部分と見せない部分のバランスをとるとすっきりとした印象のキッチンになるでしょう。

 

マンションリフォームでキッチンを移動させる場合の費用は?

 

いろんな種類のキッチンをご紹介してきました。

でも種類によってはキッチンを移動する必要が出てきます。

 

いずみ
場所を移動させると費用も違ってきます。

移動させる場合の注意点もあるからチェックしましょう!

 

だんだん、自分のライフスタイルにあったキッチンがイメージできてきたのではないでしょうか。

 

しかし、本格的にプランニングする前に確認しておかなくてはいけない注意点があります。

 

また実際のリフォームを行なった場合の費用も見ていきましょう。

 

リフォームの注意点

マンションでリフォームをする際に必ず確認しておかなくてはいけないのは管理規約です。

 

キッチンの移動やIHへの変更などが出来ない可能性があります。

 

スペースを確保できても排水管の構造上移動できなことがあります。

 

特に1980年代前半のマンションは床下にスペースがなく、水を流すための勾配を付けられないため移動が難しい場合が多いので注意が必要です。

 

またマンション全体で電気の供給量が決まっているため高い電圧が必要なIHは導入出来ない場合があります。

 

リフォームを依頼する前に図面と管理規約を確認しましょう。

 

キッチンリフォームの費用

キッチンを移動するリフォームは新しいキッチンの費用だけでなく配管や内装のリフォームも含みますので高額になることが多いです。

 

一般的な相場を見て見ましょう。

 

既存キッチンの移動 20万〜70万
レイアウトの変更 100万〜200万(壁付き→対面)
排水管・ガス・電気工事など 15万〜35万
廃材処分や養生等 10万〜50万
内装工事 4万〜25万

 

どうせなら既存のキッチンをそのまま利用したら節約になるのでは?と思う方もいるかもしれません。

 

確かに新しい本体を購入する分を抑えることが出来るので多少の節約にはなります。

 

しかし一般的にはあまり推奨されていません。

 

システムキッチンの寿命は15年〜20年程ですのでリフォームの際に新品にした方が結果的に費用が安くなる可能性があるからです。

 

またレイアウト変更料に本体代を含むことがほとんどですので、結果的にそこまで変わらないことも挙げられます。

 

とはいえ慣れ親しんだキッチンの方が使い勝手が良い事も確かなので使用年数によって判断するといいでしょう。

 

次に本体価格を見ていきましょう。

 

レイアウト型や素材によってグレードが分かれていますので予算に合わせて選びましょう。

低グレード 30万〜
高グレード 100万〜

 

「マンションをリフォーム!キッチンを移動させたい場合の費用は?」まとめ

 

今回はマンションにおけるキッチンの種類と移動させる場合の費用を紹介しました。

 

キッチンの種類

・壁付きキッチン

・アイランドキッチン

・ペニンシュラキッチン

 

メリット デメリット
壁付きキッチン リビングを広く使える リビングの様子が見にくい
アイランドキッチン 開放的・複数人で作業可能 場所が広くないと設置不可
ペニンシュラキッチン 壁付とアイランドのいいとこ取り 汚れが飛び散りやすい
L型キッチン 動線が良い コーナー部分の収納が使いづらい

 

キッチンを移動するリフォーム費用

150万〜250万

 

生活スタイルに合わせて進歩しているキッチン。

 

リフォームで日々の料理を安全でスムーズに行えるようになりますように。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です