キッチンリフォームは永大産業におまかせ!シンプルで上質な空間へ

 

こんにちは。いずみです!

 

読者のみなさまは、永大産業という会社をご存じですか?

実は先日ショールームで見かけたシステムキッチンが、とてもおしゃれでステキだったんです!

 

永大産業と聞いても知らなかったのですが、大阪に本社のある住宅設備メーカーでした。

40年ほど前からステンレス製のキッチンセットを製造販売している、ステンレスの加工技術にかけて定評のある会社です。

ステンレスの自社工場を持ち、熟練工による手作りのステンレス加工は、まさにクールジャパン!

ショールーム見ただけでも、伝わるものがありましたよ!

 

見た目だけではなく、使い勝手を考えた機能も充実しているので、今回は目の保養もかねて永大産業のシステムキッチンの魅力を解説します!

 

スポンサーリンク

永大産業がこだわってきたキッチンに誠実であることとは

 

引用元:eidai

 

キッチンに誠実であること、これは永大産業の一番の根源となっている思いです。

この一言だけで、製品がどんなものなのか想像できちゃいますね。

永大産業のキッチンは、料理を作るだけの作業場ではなく、家族団らんの場ともなり得る「心地よさ」を優先に作られています。

 

いずみ
確かに対面式キッチンが多くなってきたから、心地よさは大事ですね

 

永大産業のシステムキッチンに対するこだわりは5つ。

キッチンのこだわり
  1. キッチンを家族の団らんの場として考える
  2. 耐久性
  3. シンプルで使いやすい機能
  4. 家族の健康を思いやる
  5. 質の高い製品(見えない部分も大切に)

それぞれ詳しく紹介しますね!

 

1. キッチンを団らんの場として考える

最近は対面式のキッチンやオープンキッチンのお家が普通になってきていますよね。

でも、油断すると生活感まる出しのリビングになってしまいます。

 

キッチンがリビング同様におしゃれで機能的であればと誰でも思いますよね。

そんな理想を叶えてくれるのが永大産業のキッチンです。

 

心地よさの工夫
  • 料理の臭いがリビングまで広がらない工夫
  • 家族の会話をジャマしない「静音シンク
  • 引き出しの閉める音を軽減する「ファインモーション機構

 

2. 耐久性

毎日使うものだから、耐久性は大切ですよね。

永大産業のキャビネットは、耐久性を高めるための3つの工夫があります。

 

キャビネットの耐久性
  • JIS規格より厳しい耐久検査
  • 引き出しや扉の丁番はオーストリアのブルム社製
  • シンクには最高級のステンレスSUS304を使用

 

JIS規格では、キャビネットは4万回の開閉テストを行うことになっていますが、永大産業はなんとその3倍である12万回のテストを繰り返しています。

このきびしいテストをクリアできる製品づくりをしているので耐久性はバッチリです。

 

オーストリアのブルム社は国際的な家具用金物の製造業者。

金具ひとつであっても妥協せず、良い物を吟味して使う姿勢が感じられますね。

 

普段は当たり前に使っているものも、ネジひとつ、金具ひとつ壊れるだけで不便になりますし、全体の耐久性も大きく下がります。

目につく場所ではありませんが大事なポイントです。

 

3. シンプルで使いやすい機能

この機能が実感できるのが、シンクです。

シンプルな形のシンクですが、料理がはかどる工夫がしてあります。

 

引用元:eidai

 

野菜を洗ってまな板にのせるだけで、調理台は濡れてしまいます。

でも、永大産業のシンクならシンクに板を3枚組み合わせて渡すことで、シンクが調理台に

これは名前のない家事とも言える「調理台を拭きながら次の手順に進む」という作業を減らせますよね。

 

4. 家族の健康を思いやる

高断熱、高気密の住宅が増える中、シックハウス症候群やアレルギーに悩まされる人も多いです。

永大産業のシステムキッチンは、家の空気に含まれるホルムアルデヒドなどの有害物質を吸い込む素材を対面キッチンのリビング側のボードに取り付けてあります。

こうすることで、家族の健康のためのキッチンとリビングダイニングを実現しています。

 

5. 質の高い製品

キッチンリフォームをするなら、やっぱり一番気になるのが品質。

永大産業のシステムキッチンは、住宅設備メーカーだからこそ実現できる質の高い製品が魅力です。

 

やはりステンレスの技術はすばらしくて、自社工場で手作りで仕上げたステンレスの重厚感はみとれてしまいます。

引用元:eidai

 

永大産業のシステムキッチンおすすめ3選!

 

永大産業のシステムキッチンのおすすめ商品を3つご紹介します!

 

ピアサスS-1ユーロモード

 

引用元:eidai

 

[キッチン]

ドア:グレーススノー柄(XKH)

ワークトップ:ステンレス(ヘアライン/フラット)

エンドパネル:グレーススノー(XKH)

スタイル:I型D650/食器洗い乾燥機付き間口2700mm

ハンドル:PC

[カップボード]

ドア:グレーススノー柄(XKH)

キッチンカウンター :トールタイプ1840mm

ハンドル:PC

[セット価格]

キッチン本体:\1,184,800

設備機器:\903,400

カップボード:\728,000

合計:\2,816,200

引用元:eidai

インテリア性と居心地にこだわったシステムキッチン。

ヨーロッパの家具のようなシンプルで上質な素材で作られた収納と、日本の技術がもたらす機能性と使い心地の良さ。

リビングから続く部屋としてのキッチンというコンセプト通りですね。

 

ワークトップは、ステンレス、人造石、家具調のキッチンを演出するメラミン素材から選べます。

キャビネットの収納も充実しています。

 

引用元:eidai

 

ラフィーナ ネオ

 

引用元:eidai

 

□キッチン

スタイル/リビングユニット型対面キッチン(キャビネット)

サイズ:W2575㎜×D920㎜

扉 柄:ネイキッドライト柄

ワークトップ:メラミン アンティークメタル柄

シンク:ステンレス スクエアシンク

□ダイニングテーブル(2019年6月発売予定)

テーブル:メラミン アンティークメタル柄

サイズ:W2250㎜×D820㎜×H730㎜

□設備機器

●IHクッキングヒーター:JS-CS-T34BFR

●レンジフード:JS-SFEDL-952R/LS

●食器洗い乾燥機:なし

●水栓金具:JS-5252100J

セット価格

キッチン本体:¥1,669,700

リビングユニット:¥228,500

ダイニングテーブル:¥518,000

合計:¥2,416,200

引用元:eidai

家族の団らんのためのキッチンといってもいいくらい、キッチンとリビングが一体化しています。

収納は家具のような佇まいで、シンクはシンプルで部屋のインテリアの雰囲気を壊さないスタイリッシュさ。

それだけでなく、キッチンで気になる虫をよせつけないキャビネットのムシブロックパッキンやゴミ箱をかくすカクステは、キッチンであることを忘れさせてしまうほどです。

 

引用元:eidai

 

どうしても生活感が出てしまうゴミ箱は、リビングと一体化するためにも目立たないところに置きたいですよね。

ラフィーナネオのカクステなら、キャビネットの引き出しにしまえます!

 

引用元:eidai

 

いずみ
これだけの広さがあれば、ゴミの分別も無理なくできそうですね!

 

ゲートスタイルキッチンS-1

 

引用元:eidai

 

■フルフラット対面(間口2550mm)
食器洗い乾燥機プラン
・キッチン本体 ¥905,800
・設備機器1式 ¥793,000
・その他部材 ¥124,200
合計 ¥1,823,000

引用元:eidai

 

ステンレスの自社工場を持ち一つ一つが手作りの永大産業の特長を一番感じられる、システムキッチン。

プロの厨房のような必要最小限の機能のキッチンにキャビネットや食洗機、オーブンレンジを組み込んで自分だけのキッチンにカスタマイズできるのが、このシリーズの人気のヒミツです。

 

引用元:eidai

 

 

引用元:eidai

 

シンプルなデザインなのに特別感が漂うのは、一つ一つが手作りという確かな技術に裏打ちされた製品だからなのでしょう。

 

永大産業のシンプルで上質なシステムキッチンまとめ

 

永大産業のシステムキッチンおすすめポイント
  1. キッチンとリビングとの一体感を感じるデザイン
  2. 厳しい耐久性テストに裏打ちされた品質
  3. シンプルで使いやすい機能
  4. ホルムアルデヒドなどの有害物質を吸い込むパネル
  5. 高品質なステンレスで一つ一つが手作り

 

永大産業のシステムキッチンはシンプルですが見えないところにも手を抜かない、クールジャパンが形になったようなキッチンです。

居心地、使い心地を追求して長く使える耐久性も持ち合わせています。

良いものを適度に持つことが心地よいと思う人が増えてきている今、永大産業のシステムキッチンはこれからの生活を楽しんでいけるキッチンとなるのではと思います。

 

そうはいっても、どんな形のキッチンが自分にとって心地よいのか、憧れだけでは決められませんよね。

自分に合うキッチンの選び方を別の記事で詳しく紹介しているので、よければ参考にしてみてください。

 

キッチンリフォームのおすすめはこちら!とことん紹介します

2020年7月20日

 

キッチンリフォームをお考え中の読者の皆さん、一度永大産業のショールームを見に行ってみてはいかがでしょうか。

理想のキッチンの形がより鮮やかになると思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です