キッチンカウンターテーブルのリフォーム!DIYで快適に!

 

こんにちは。いずみです!

 

キッチンの中で占める面積はそんなに大きくない!

 

けれど、カウンターテーブルは、キッチンの快適さや使いやすさの鍵を握る存在と言っても過言では無いのではないでしょうか。

 

食卓としてはもちろん、PCテーブルや読書スペース、家族や友人とおしゃべりを楽しむ場になることもありますよね。

 

用途が広いだけに、いざリフォームするとなると、「幅は?」「高さは?」「どんな形がいい?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

今回の記事では、キッチンカウンターテーブル の種類と、選び方をご紹介していきます。

 

いずみ
ライフスタイルに合ったキッチンカウンターテーブルにリフォームして、今よりもさらに快適なキッチンを手に入れましょう!

 

 

キッチンカウンターテーブルにはどんなタイプがあるの?

 

いずみ
まずは、カウンターテーブルにはどんなタイプがあるのか、実例を見てイメージを膨らませてみましょう。

 

キッチンよりテーブルが低いタイプ

引用:RoomClip

 

このようにテーブルがキッチンカウンターよりも低いタイプなら、一般的なダイニングチェアを使うことが出来て、カウンターの高さも調節可能です。

 

いずみ
カウンターの木目がカフェみたいで素敵ですね。

お子さんがいるお家なら、お子さんの勉強スペースにもなって、お料理しながらお子さんの様子も見られるから安心ですね!

 

引用:Houzz

 

こちらは、ダイニングテーブルとカウンターが一体化したタイプです。

食事をする人数が多い場合などに便利ですね。

 

いずみ
作ったお料理をすぐにサッと出せて便利ね。
カウンター部分でいろんな作業も出来るから、普段からキッチンに人が集まるようになりそう。

 

キッチンとカウンターテーブルの高さがフラットなタイプ


引用:Houzz

 


引用:Houzz

 

いずみ
仕切りが無いから、開放感があるわね!お掃除もしやすそう。

 

ただ、座席の正面やすぐ横に水場やコンロがある場合は、水はねや油が飛ぶ心配があるので、奥行きを広めに取った方がいいですね

 

キッチンよりカウンターが高いタイプ

引用:Houzz

 

このタイプは、カウンターが仕切りになるので、水はね防止になるというメリットがあります。

その分、一般的なダイニングテーブルより天板が高くなるので、バーなどで使われるカウンターチェアが必要になります。

 

いずみ
こんな風にキッチンを囲むタイプのテーブルなら、大勢で座れてホームパーティにもいいですね!

 

引用:SVACO

 

いずみ
こういうバーカウンター風とか憧れますね。おうちバー開店して楽しめそう!

 

カウンターが独立したタイプ


引用:Houzz

 

天板が広くて使いやすそうですね。これならお料理もゆったり出来そうです。

 

いずみ
キッチン側も収納になっているから、収納力もバッチリですね。

 

収納が無いタイプや天板がもっと小さいタイプもあるので、お部屋のスペースやライフスタイルに合わせて選ぶといいですね。

 

引用:Houzz

 

テーブルの真ん中がくり抜いてあって、ハーブなどの植物を植えられるようになっていますね。

 

いずみ
とっても斬新ですね!新鮮なハーブも食べられるし、見た目も楽しくて一石二鳥です♪

折り畳みタイプ

折り畳みタイプは、必要な時だけテーブルを出せるので、スペースを有効活用出来ます。

LDKがちょっと狭いと感じている方にオススメです。

引用:RoomClip

 

いずみ
食卓や作業台として実用的に使うだけじゃなくて、こんな風にディスプレイ棚として使ってもお洒落ですね!

 

こちらはカフェですが、お家でも真似してみたいアイディアですね。

 

<折り畳んだ状態>

<テーブルを出した状態>

引用:ひかリノベ

 

<折り畳んだ状態>

<テーブルを出した状態>

引用:弘形工芸

 

いずみ
LDKが狭いと感じている方も、折り畳み式なら便利だし、取り入れやすそうですね!

 

 

キッチンカウンターテーブルの選び方のポイント

 

意外とよく聞くのが、「せっかくカウンターテーブルを設置したのに、ただの物置台になってしまっている…」という声。

そんな残念な事態にならないために、カウンターテーブルの選び方のポイントを見ていきましょう!

 

テーブルを使う人数や目的で幅や奥行を決める

カウンターテーブル の幅と奥行は、使う人の人数と使用目的で変わってきます。

 

まずは、カウンターテーブルをどんな風に使うのかイメージしてみましょう。

 

LDKを広く使うために、ダイニングテーブルを置かず、カウンターテーブルを食卓として使いたいという方も多いと思います。

 

また、ダイニングテーブルはあるけれど、朝食や軽食は、カウンターテーブル でサッと済ませたい、という場合もありますよね。

 

人が食事をする時に必要なひとり分のスペースは、一般的に幅60㎝×奥行45㎝程度と言われています。

 

一方、あまり食器を使用しない朝食や軽食、お酒を楽しむなどの場合は、奥行25〜35㎝程度あれば大丈夫です。

 

このくらいの奥行であれば、使わない時にテーブルの出っ張りが邪魔になりにくいので、主にパソコン作業や読書などに使う場合も目安にすると良いでしょう。

 

いずみ
目的に合わせて使いやすいサイズに設計されたものを選べば、物置になることも避けられそうですよね。

 

テーブルの高さは椅子に合わせる

カウンターテーブルの高さは、使う椅子の高さに合わせます。

 

使いやすいテーブルの高さは、椅子の座面から天板まで27〜30㎝の高さとされています。

 

このバランスは、普通のダイニングテーブルよりも天板が高いカウンターテーブルの場合でも同じです。

 

収納スペースがあるか無いかを決める

カウンターテーブル には、収納があるものと無いものがあります。

 

キッチン 周りの物を収納してスッキリさせたい!という方は、どんなものを収納したいかイメージしてみましょう。

 

収納のあるカウンターテーブルのデザインも豊富です。

 

天板の下に調味料やお箸などを収納出来るちょっとした棚がついたタイプから、炊飯器などの小型家電も置くことが出来るようなたっぷりとした収納力があるタイプなど様々です。

 

キッチンからカウンターテーブルへの動線を考えて、必要な物を取り出しやすい収納にしたいですね。

 

部屋のインテリアに合う材質やデザインにする

面積は大きくなくても、意外と目が行き、存在感があるのがカウンターテーブル 。

 

お部屋のインテリアと合わない材質やデザインだと、浮いてしまい、ちぐはぐな印象になってしまいます。

 

お部屋全体のインテリアのテイストとバランスが取れたカウンターテーブルにすることで、お部屋が洗練された印象になります。

 

 

キッチンカウンターテーブル をDIYでリフォームしよう!

 

いずみ
おしゃれなカウンターテーブル は、市販のカラーボックスや板を使って、DIYでも作れますよ!

 

DIYの実例

3人家族なので、左から私・息子・主人と 座っていますが、キッチンからサッと アツアツ料理を出したり、調味料も 目の前から出せますし、食後の片付けも ただ前に出すだけでとても楽になり、 家族から好評で私も気に入ってます

引用:RoomClip

 

自作のカウンターテーブルをリメイクして折りたたみ式のテーブルを付け加えました

引用:RoomClip

 

引用:RoomClip

 

引用:RoomClip

 

引用:RoomClip

 

お洒落なカウンターテーブルを作る動画もありますので、DIYに挑戦してみたい方は、よかったら参考になさってくださいね。

 

引用:youtube

 

いずみ
DIYでもこんなにお洒落なカウンターが作れるなら、欲しくなっちゃいますね♪

 

 

「キッチンカウンターテーブルのリフォーム!DIYで快適に!」まとめ

 

キッチンカウンターテーブルのリフォーム をする場合は、以下のことに気を付けましょう。

  • テーブルを使う人数や目的で幅や奥行を決める
  • テーブルの高さは椅子に合わせる
  • 収納スペースがあるか無いかを決める
  • 部屋のインテリアに合う材質やデザインにする

 

 

キッチンカウンターテーブルは、キッチンと一体化したものもあれば、後付けで作ることも出来ます。

 

どんなカウンターテーブルが最適なのか迷ったら、キッチン専門の業者さんに相談してみるのもいいですね。

 

キッチンカウンターテーブルのリフォームで、読者のみなさんのキッチンがより快適になりますように!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です