キッチンリフォーム 使いやすいサイズを知って理想のキッチンに!

 

こんにちは。いずみです!

 

キッチンのリフォームをするなら、早めの段階で考えて欲しいのがキッチンのサイズです。

好みのテイストで素敵なキッチンが完成したとしても、自分のサイズに合わないキッチンだったらどうでしょうか?

サイズの合わないキッチンで作業するのは、想像するだけで大変な負担になりますよね。

 

今回の記事では

●キッチンの標準サイズを知る!

●本当に使いやすいキッチンのサイズは?

●キッチンのサイズ失敗談

●使いやすいサイズを知って理想のキッチンに!のまとめ

    以上について説明していきます!

 

キッチンリフォームにはどんな選択ができるのか?

自分に合ったキッチンのサイズはどうやって決まるのか?

 

いずみ
自分だけのシンデレラキッチンを目指したいですよね!

事前にきちんと調べて、自分にぴったりのサイズを楽しみながら探しましょうね♪

スポンサーリンク

キッチンリフォームは標準サイズ(寸法)を知ることから!

 

キッチンのサイズ選びでは、一般的なシステムキッチンのサイズチェックをする必要があります。

標準サイズを知ってプラスして、自分にぴったりのサイズを知っていきましょう!

いずみ
標準サイズって日本人の平均値から考えられているんですよ♪

奥行き65cm×間口255cm×高さ85cmが標準サイズ

引用:suumo

国産のシステムキッチンが登場してきた昭和50年頃は、キッチンの高さは80cmが標準でした。

それから半世紀の間に、キッチンの高さの標準サイズは80cmから85cmに!

これは日本人女性の平均身長が152cmから158cmになり、平均身長が6cm程アップしたからです。

 

各メーカーも、この人間工学に基づいて標準のサイズを設定しているんですね。

 

シンク・コンロの標準サイズ

一般的なシンクのサイズは間口70~80cm程度、奥行は40cm程度。

この位のサイズなら大きな鍋もゆとりをもって洗うことが出来ますよ。

引用:NASLUCK

 

一般的なコンロのサイズは間口60~75cmで、2~3口の物が一般的です。

引用:イエナカ手帖

ガス火タイプIHタイプの2種類から選びましょう。

 

またメーカーによって形や、標準のサイズにも多少の違いがあります。

いろいろなメーカーから好みの種類とサイズ感をチョイスしてくださいね♪

 

壁面収納の奥行の標準サイズ

壁面収納の奥行の平均は、45cmです。

この壁面収納の奥行は理想の間口幅を作るのにとても重要!

理想の間口の幅に近付くように、背面収納の奥行を広くしたり狭くしたり調整していきましょう。

 

いずみ
メーカーを選べば、こだわりのフィット感を目指せますよ!

mm単位やcm単位でオーダー可能なメーカーがあります!

ノーリツ・タカラスタンダード・TOTO・パナソニックには、ご自宅のサイズに合わせてmm単位のオーダーができる商品があります。

引用:TOTO

自分のサイズに合ったサイズにするには、mm単位やcm単位での長さオーダーできるメーカーがおススメです。

 

本当に使いやすいキッチンのサイズ(寸法)は?

 

今回は、「身長160㎝の女性がカウンターキッチンでの作業を行う場合」を前提とした理想のキッチンサイズを紹介します。

人それぞれ条件や環境が違うので、選び方のコツをこの後に細かくご説明していきますね!

 

キッチン周りの寸法を測って調理のためのスペースを考えよう

キッチンをリフォームする際には、通路幅を考えるのが最優先です。

キッチンに立つ人数を忘れずに考えていきましょう。

 

普段、キッチンに立つ人数は何人でしょか?

朝や夕方など家族の集まる時間帯にはキッチンの通路は何人分の幅が必要ですか?

キッチンに立つ1人分の幅が約80cm~90cmが望ましいので、2人以上の通路確保には約120cm前後は必要になってきますよ。

引用:suumo

通路幅の確保を考えながら、そのほかの場所にどのくらいの奥行が作れるか考えていきましょう!

 

間口の広さの理想は?

間口とは、キッチンの幅(シンク側)のことです。

180cm~300cm幅のものが主流で、標準は15cm刻みでサイズ展開されています。

間口が短いと物を置くスペースがなく、作業がしづらくなります。

しかし逆に間口が広くても、作業スペースの移動が長くなり使いにくくなってしまうんです。

個人の身長と手足の長さや感覚によっても違うので、実際にショールームで確認して欲しいポイントです♪

 

作業スペース・シンク・コンロの幅の理想は?

次に、間口内にある作業スペース・シンク・コンロの理想の幅をみてみましょう。

 

作業動線はワークトライアングルを参考にしてみましょう。

引用:ミヤケンリフォーム

ワークトライアングルとは、シンクとコンロ、冷蔵庫を繋いだ三角形のこと

この三角形の三辺の長さを足したとき、3m60cm~6mなら最適と言われています。

作業しやすい動線を確保して、ストレスなく作業できるキッチンにしましょうね♪

 

システムキッチンの高さの理想は?

一般的なシステムキッチンの標準高さは、85cm

JIS規格で定められている80cm・85cm・90cm・95cmの高さは、ほとんどのメーカーで選択可能です。

身長に合うキッチンの高さを選びましょう!

 

キッチンの高さの理想は「身長÷2+5」と言われています。

これより高いと肩に負担がかかり、これより低いと腰に負担がかかってしまいます。

引用:LIXIL

また調理中の鍋やフライパンの中身を楽に確認したいという人向けに、コンロの高さだけを10~15cm高くすることも可能です。

 

システムキッチンの奥行の理想は?

最近流行りのアイランドキッチンは、両側を通路にするのに奥行が80cm以上は必要です。

他のタイプでは、一般的に60cmや65cmが標準サイズになりますね。

奥行の理想も、それぞれの身長や手足の高さによって変わっていきます!

システムキッチンの高さを決める際に、作業しやすい奥行サイズも考えましょう

 

壁面収納の奥行の理想は?

引用:インテリア界の異端児が送る

壁面収納は、生活感の出やすいキッチン用品をすっきり収納でき、動線作りもできるのでおススメですよ。

まずは、通路の理想を考えた時にどのくらいの壁面収納が設置できるか考えてみましょう!

 

壁面収納の奥行は、45cm程度(大きな鍋や皿が入るサイズ位)だと出し入れ作業はスムーズにできます。

壁面収納と並べる予定があるようなら、ゴミ箱や冷蔵庫の奥行とのバランスを考えるのもいいですね♪

 

吊り戸棚(ウォールキャビネット)の高さ・奥行の理想は?

吊り戸棚は、見た目の圧迫感と収納のしづらさから、最近人気が落ちてきています。

ですが、キッチンの収納スペースの確保には最適です♪

吊り戸棚の高さは、使う人の目線の高さより10~15cmほど下の位置に来るのが出し入れしやすいとされています。

自然と目に入ってすぐ手が届くゾーンが、高さも奥行も丁度いいと言えますね!

 

キッチンのサイズ失敗例をご紹介

 

実際にキッチンリフォームをして、サイズで失敗した人のクチコミをご紹介します。

新築のキッチンの通路幅、失敗しました。 対面キッチンに食器棚が奥行き500のものを購入したのですが、建築中の家を見に行くとキッチン通路幅が700しかないことに今更気づきました。 キッチン を前にずらすのは可能だが40万かかりますと… 通路幅が700は狭いですか? 一生に一度のマイホームだから40万かかっても直すべきか悩んでいます。

引用:知恵袋

リフォーム業者に任せっきりにすると、依頼通りに施工する業者の場合は大失敗しかねません!

きちんと知識のある、相談できる業者と納得のいくまで計画しましょうね。

 

続いて、作業スペースの設置による失敗例の図をご紹介します。

引用:auiewo

作業スペース・シンク・コンロの設置幅は作業に大きく影響します!

大き過ぎても小さ過ぎても使いづらく作業効率が落ちてしまいますよ。

作業するご自分をイメージしながら、サイズと位置の調整をしてみてくださいね。

 

使いやすいサイズを知って理想のキッチンに!のまとめ

 

システムキッチンはこの先10年以上は付き合っていく高価な商品です。

安いものでも50万円はかかります!

まずは作業しやすいサイズを考え、標準サイズを調整しながらシンデレラフィットしたお気に入りのキッチンを完成させましょうね!

 

この記事は次の3つのポイントでまとめました。

 

●キッチンの標準サイズを知る。(日本人の平均身長・体重によって変わってきている)

●理想のキッチンを知る。(各家族構成によって違う)

●失敗談を参考に理想のキッチンを作る!

 

 

キッチンのリフォームを考える際には、ぜひサイズに注意してみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です